●●「家具選びのコツ!」TOP >>> 快適な睡眠を提供するベッドの選び方

最終更新日:2014/10/1

ベッドの種類でもあり、ソファの種類でもある

明日も仕事があるからベッドでぐっすり眠りたい・・・。種類豊富な仕事を振られて、頭が回らない、もう寝たい・・と思って、仕事から帰るなり力尽きてそのままソファにダイブ。そんな睡眠を欲している疲れを癒せない社会人にこそお勧めしたいのが、ベッドの種類、その一つとも言えるソファベッドです。

このソファベッドならソファにダイブしてそのまま寝てしまう方でもぐっすりと休むことができます。

機能的な家具の種類と言えるのがこのソファベッドで、読んで字のごとく、ソファにもなり、ベッドにもなる二面性を持ち合わせたインテリア。主に一人暮らしの方や、狭い部屋などでは、その効果を発揮します。

寝る、そして座るといった種類の機能を持ち合わせソファベッドですが、身面性を持ち合わしているがゆえに、壊れやすいという印象を受けやすいようです。実際のソファベッドはどうなのでしょうか? 選び方に違いはあるのか。選び方で注意すべき点はあるのか気になるところ。

ソファベッドとは、ソファの背もたれの部分を倒す事で、ベッドになり、起こすとソファというソファもベッドもインテリアの中では、毎日の生活の中で使用頻度の高い二つのインテリアの種類を組合せたものになるので、選び方にも注意しましょう。

つまり、毎日必ず使うからこそ、耐久性が最も求められるインテリアの種類なのです。そしてソファとしてよりもベッドとしては、本来のベッドのみのものよりは、ややその能力は劣っていると言わざるをえません。これはしょうがないことですが、、、ソファベッドの一番の特徴は、狭い空間でもスペースを有効に使える!というのがもっとも得意とすることですので、ソファベッドを必要とする人は選び方がやや限られてくるかもしれません。ただ、ファミリーもかたがたがもっていて、役にたたないと言う訳ではありません。

居間でソファとして使用していても、突然のお客様がいらっしゃった場合なんかは、すぐにお泊まり用のベッドを用意できる種類なのです。 ソファベッドのデザインについて少しお話ししましょう。

ソファベッドにも様々な種類があるのですが、そのデザインに関しては、ソファとベッドの二つの機能を考慮すると、デザインに制限が出て来てますよね。

そのため、なかなか気に入った種類が見つけられなかったりするのです。このソファベッドの傾向はなかなか改善できるものではなかったのですが、近年のインテリアブームにのって、ソファベッドの需要や選び方の知識も高まり、最近では選び方としてもこれがベッドに変身するの?といったような種類のものが多数出て来ることに。選び方もその分変わりました。

ソファベッドというとごっつい長方形の形をしていて、ベッドにするときには、肘掛けの部分がやや斜めに立ち上がる、といったイメージが強いかと思うのですが、最近の種類は、どうみてもオシャレなシングルソファなんですが、ソファからベッドに変身する時は、背もたれ全体が後ろに下がって、脚までしっかり乗せて休息出来るようになる種類のものがあるそうです。

最近のソファベッドの選び方の変化、そして変身ぶりは目を見張る物があり、インターネットや書籍などでご覧になってほしいもの。

機能性に優れた種類

  • ベッドに変身させて、眠る際に布団や枕などの寝具を準備されるでしょう。これを片付けずにそのままにし、ソファベッドはベッドのままの状態でずっと使用する事は、機能の選び方としては相応しくありません。

    いくら最近のソファベッドが上部で機能的に出来ているからと言っても、ソファベッドの基本はソファです。ベッドの状態で無理をさせていたると、寿命を短くさせる原因となるので、ベッドで目覚めたあとは、ソファの種類として使用する事お薦めです。

    せっかくデザイン性、機能性、種類、そして耐久性から選び方を考慮するのですから、長くずっと使えるように、ベッドとしての機能に関しては、プラスアルファくらいに選び方を考えて、お使いいただくことをお薦めします。

  1. ソファを覗いてみると分かりますが、ソファベッドのデザイン性はここ数年でぐんと広がりました。種類は沢山あるのですが、それではその内のいくつかを紹介しましょう。まずは、手前に引き出して、ソファをベッドに変身させる折りたたみソファベッド!これは数種類ある選び方、ソファベッドの中でもかなり場所をとらないすぐれもののソファーベッドです。手前に座面を引き出してあっというまにそのままベッドへ変身する、その簡易ぶりは、驚くほどです。

    こういった簡易なタイプは女性でもすぐに機能転換できるので、とても人気が高いものです。こういったタイプをお探しの方は、是非いちどお店にて、自分でソファからベッドに変身させる事ができるかどうか、しっかりと種類を見比べて試してみる方がいいですね。

    最近の種類は、本当にこれがベッドに?と言ってもいいくらい見た目からの機能は想像できず、お店の中を歩いたときに、見逃さないように、しっかり店員の方に聞いてみた方がいいかもしれません。

選び方、種類について詳しく聞いてみる

  1. 正しいソファベッドの種類と使い方、選び方もしっかり伝授してもらう方がよいでしょう。そうすれば、壊れやすいと言われるソファベッドも、しっかりケアしながらしようすることで、長持ちさせることができる選び方だと思います。またこういったタイプのソファベッドは座面全体がウレタンという種類の素材だけで作られていると、あっという間に寿命になってしまいます。

    その辺は、購入の際に選び方を確認し、また壊れてしまった際に、その部分だけ交換が可能かどうかも、選び方として確認しておくのがよいでしょう。

    次にご紹介するソファベッドは、従来のソファ中心のソファベッドとは異なり、ベッドの方を重視した作りとなっている種類、横長のタイプのソファベッドとなっていて、選び方も少々違います。

    基本的にベッドとして使われることを前提としてつくられたソファベッドですので、デザイン的には、かなりベッドに近く前述したソファベッドの選び方とは逆に、これがソファにもなるの?といったような見た目となっています。そのほとんどが、ソファの背もたれ部分を後方に倒す事で、平らな状態になり、ベッドとして使用する事ができるようになっています。

    また、ソファの時には肘掛けとして使用していた部分が、ベッドになると頭や、脚に丁度当たるようになっており、ベッドとしても安らげる構成になっています。ベッドとしての機能は重視していているだけあって、この他にも、安息の追求として、いろいろな工夫がなされています。

    例えば、前述の折りたたみ式のソファベッドやその選び方とは異なり、クッションを織り込む必要性がないため、ベッドの作りと同じようにスプリングには、ウッドスプリングや、更にはポケットコイルスプリングのようなものまで使って、ベッドの需要性や種類を大切にしているソファベッドもあります。

    しかし、何が難点かというと、やはりベッド機能を重視しているだけあって、この横長タイプのソファベッドはかなり大きいです。

    確かにソファとベッドを一つの部屋に置くよりはスペースの有効性がありますが、ワンルームマンションなどで、なるべくスペースを作りたいという方の場合は、この横長タイプのソファベッド一つ奥、その選び方だけに存在感は抜群で、はたまた、大きすぎる事で搬入すらできないものまででてきてしまいます。

    横長タイプのソファベッドを購入するさいには、必ずそのサイズと種類、選び方をご確認ください。それと同時に、エレベーターや搬入口などのサイズもしっかり確認する必要があります。
  2. さて、先ほどソファベッドの説明ででてきた用語や選び方について、少し説明させていただきます。ウレタンということばが出てきましたが、ウレタンは、ソファと椅子、そしてベンチなどの座りものと選び方を大きく分ける重要な要因の一つです。ポリウレタンなどというと聞いた事がある人もいるかもしれませんが、合成ゴムの一種類です。

    素材の種類の一つ、ウレタンの質によって、ソファの善し悪しや選び方が決まると言っても言い過ぎではないかもしれません。ソファでは、クッションとして締める割合はとても大きく、その中に入っているウレタンが、安い物であれば、すぐにソファはへなへなになってしまい、当然、そういったソファはお値段も安くなっています。選び方の一つ、安さの追求を重点にした選び方なら、やはりウレタンが一番かもしれません。

    また高価なソファほど、そのウレタンのこうぞうが、二重、三重となされているような、そして硬質なウレタンを使用しているものまであります。これだけ考えただけでも、ソファには価格の差が激しいのがよくわかりますね。

    ソファベッドなど大きなインテリア家具は、長く使って行きたい物の一つなので選び方もこだわりたいところ。すこしでも、気になる事や、そのソファの座り心地、選び方などが気になるようでしたら、何度も試してみて、そしてお店の方に、しっかりその内部構造まで確認するといいですね。

おすすめWEBサイト 5選