●●「家具選びのコツ!」TOP >>> 家具のお手入れ

Last update:2014/10/1

家具のお手入れ方法

ソファにもいろいろな種類のと同じように、手入れ方法もいろいろあります。家具に使用されている様々な素材の特性をよく理解して、こまめにお手入れしましょう。お気に入りの家具を長く愛用することができます。

人間、長く愛用していると愛着がわくもので、例え古い家具でも手入れして寿命を延ばそうと努力します。

家具には使用者の思いでも詰まっていますから、自分の好きな家具、愛着のある家具を長く使えるように、素材に合わせた正しい手入れで末永く使って上げてください。

ただ、商品の使用には取り扱い説明書を必ずよく読みましょう。特に革製のソファーなどはこまめに手入れをすることでカナリ長持ちします。家具の手入れについては店員に直接聞いてみるのもいいでしょう。

木部

お手入れは、柔らかい布で軽く乾拭きします。汚れが目立つ場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽くふき取り、そのあとでよく水拭きしましょう。

虫害がある場合は、直ちに殺虫処理をして虫害の拡大を防ぎましょう。

シロアリを代表する木を食べる虫は特に木材の家具を獲物にします。湿気の多い床下に巣を作り、徐々に家の中まで浸食してくるため、普段の手入れでは蟻の被害を食い止めることはできません。

布張地

柔らかいブラシでブラッシングします。掃除機をかけてもいいでしょう。飲食物をこぼすなどして汚れがついた場合は、素早くお湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とします。

その後、蒸しタオルで洗剤をよくふき取り、やさしく乾拭きしましょう。素早い処置が肝心です。
革張地
ベッドには様々な種類がありますが、その中でも革でできているものは要注意です。柔らかい布で乾拭きをします。基本的に家具のお手入れには化学ぞうきんは使用しないでください。

汚れが目立つ場合は、お湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とし、蒸しタオルで洗剤をよく拭き取ります。その後、自然乾燥しましょう。

吸水率の高い革製品はシミの原因になるので、 乾拭きだけにしましょう。
マットレス
  1. 年に3~4回ほど反転・逆転させましょう。局部的な変形を防ぐことができます。ソファベッドの魅力を引きたてるのもこのマットレスです。
合成皮革(ビニールレザー)
柔らかい布で軽く乾拭きをしますが、飲食物の汚れがついた場合はお湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、そのあとによく水拭きしましょう。

ビニール製品は重ねたままにすると変色の原因になるので注意です。
ラスチック・金属部
普段のお手入れは柔らかい布で軽く乾拭きします。汚れた場合はお湯で薄めた中性洗剤で拭き取り、そのあとによく水拭きします。

そして、さらに軽く乾拭きしましょう。扉の蝶番などは、半年に1度ほど潤滑油を稼動部に差しておくことで、スムーズな動きを保てます。
recommend

市川市で不動産の売買

Last update:2018/9/28