●●「家具選びのコツ!」TOP >>> 広く見せる家具選び

Last update:2014/10/1

リビングを広く見せる家具選び

  • 家具の置き方、ソファやテレビの置き方次第でリビング(居間)の印象は全く変わります。お部屋が狭い場合は特に気をつける必要があります。

    ソファやベッド、テレビなどは特に大きくスペースを取る家具なので、無理に配置すると生活スペース圧迫してしまいますし、ゆったりできる空間だったリビングが逆に狭苦しく感じるようになってしまいます。

    リビングを広く見せるために必要なことは、空間を圧迫しない程度のインテリアを配置、ソファやテーブルを家具に近づけすぎない、また人が余裕を持って歩けるスペースを確保することです。

    ではでは、以下にその他リビングを広く見せるための家具選びのコツをご紹介します。
  • ソファ
    来客の時にすぐに案内できる椅子として便利なので、より機能的なタイプのソファを選ぶようにしましょう。ソファ下に収納スペースがあるタイプを選ぶのも、リビングを広く見せるための効果は大きいでしょう。

    サイズ的には幅160cm×奥行き80cmくらいあると、姿勢を崩してゆったり座れるため、これを目安になるべく大き目のリビング用ソファを選ぶようにしましょう。仕事に疲れてそのままソファで寝てしまう人には、ソファベッドもオススメです。リビングだけでなく子供部屋、趣味の部屋にも配置して良いと思われます。
    テレビ台
    部屋が狭い場合はローボードをおすすめします。ビデオやCDなどを収納することができる引き出しや棚があると、スッキリします。

    専用棚を選べばコードを出す配線孔や放熱板が使われています。 新婚家庭に多い28型ワイドテレビは幅約75cm×奥行き50cm×高さ50cmくらいです。大きめのリビングにあえて小さいテレビを置くことで相対的に部屋を広く見せるという錯視効果も期待できます。

    カーテン

    リビングのベースになるカラーを決めて、その系統のものを選べば基本的に問題はないでしょう。生地の柄のなかの一色をほかの家具の色の張り地に合わせるのもいいでしょう。

    部屋の外から見てもお洒落に感じるくらい、リビングのカーテンにはこだわってみるといいと思います。

    カーペット

    基本的に、明度は高めで彩度は低いものを選ぶのがリビングのカーペット選びのコツです。また色は壁よりも濃い色にすることでよりリビング全体が広く感じるようになります。家具と同系色でまとめるのも落ち着いた雰囲気になり、安定感が増すでしょう。

    空気清浄機

    お部屋の見た目だけでなく、空気の事も気にかけませんか?最近では、インテリアを邪魔しないオシャレで人気の空気清浄機もたくさんありますので、インテリアやカラーに合ったものを選んで設置しましょう。綺麗な空気は気持ちが良いですね。

    注目サイト

    社員教育

    Last update:2018/10/18